中学入試と理科の暗記

中学入試の理科は、暗記するところがとても多い分野です。
中学入試の理科の暗記のポイントは、基礎知識からきちんと覚えていくことです。
まずは、教科書に載っている重要キーワードをきちんと覚えていきます。
重要キーワードとは、太字で書かれていたり、赤字で書かれている言葉のことです。
問題集でいうと、例題や最重要レベルの問題になってきます。この重要キーワードを一番最初に覚えることが大切なのです。
そして次に覚えることですが、問題集であれば練習問題にあたる部分を覚えていきます。
理科が最も苦手な場合には、小学校6年生の後半で解くような応用問題は後回しにするべきです。
理科が苦手な子供が小学校5年生までにやっておくべきことは、基礎的な知識をきちんと身につけておくことです。
暗記部分が最も重要になってくるのは、小学校6年生の後半の応用問題を解くときなのです。
さお氏は最重要キーワード、そしてそのあとは細かい知識の順番に暗記をしていきます。
いきなり応用問題から解いてしまうとわからないのは当然です。
分からない問題をといて、やる気をなくしてはいけないのです。
理科の土台は、とにかく暗記をすることが大切になってきます。
基本的なことをきちんと理解しておけば、たいていの問題は解くことができるものなのです。
そうすることで、合格をつかむことができるものです。
要領よく暗記をすることで、いつの間にか理科がとても得意になっていることもあるのです。


このページの先頭へ戻る