中学入試と算数の図形攻略法とは

中学入試における算数は苦手意識を持っている受験生が多いです。
中でも図形問題は複雑な設定が多く、公式や定理を丸暗記しただけの受験生は手も足も出ないことが多くあります。
彼らの多くは算数は生まれ持っての才能やセンスがなければできるようにならない、といいますが実はこの考え方は間違っています。
そこで中学入試における算数の、とりわけ図形問題の攻略法を紹介します。

 

まず初めにすることは簡単です。問題で与えられている情報を丁寧に図に落とし込んでいきます。
この段階で何か気付くことがあればラッキーですが、なくても丁寧に書き込むことでこのあとの工程が非常に楽になります。
次に与えられた情報をもとに、長さや角度が同じ部分がないか探してください。
同じ部分を探すのにはわけがあって、二等辺三角形や相似、合同な図形など特殊な場合を見つけるためです。
最後は補助線が引ける場所がないか探してみたり、実際に公式や定理が利用できないかどうかをチェックします。

 

しかし補助線を引く、といってもどこに引いていいか分からない場合が多いですよね。
そこで普段から問題を解くときは必ず、どうしてこの手順を踏んでいるのか、ということを意識して解くようにしてください。
そうすることによって、公式の丸暗記ではなく、どうしてそうなるかという本質の部分が見えるようになります。
そして間違えた問題に関しては必ずしっかり理解できるまで復習することが重要です。
以上の方法で中学入試における図形問題は攻略できます。


このページの先頭へ戻る