中学入試で全滅しないために

子供はのびのびと育てたほうがいいという意見もありますが、なにもせずにやりたいようにさせるという親はいません。
むしろ将来子供が困らないように学歴をつけてもらいたいと考える親が増えています。そのため小学校から中学入試のための塾に通わせ、小学校6年生で中学入試に臨むというご家庭が増えています。
でも、受験をしたすべての人が無事に合格できるものではありません、残念なことに全滅して結局、公立の中学にいくしかなくなったという子もたまにいます。
では全滅しないためになにをしたらいいのでしょうか?まずは、本当に中学入試をするのか子供に決めさせることが必要です。
なぜならば中学入試のための塾に通うのは、かなり過酷なことが多いからです。
なんといっても勉強漬けの生活になります。
とくに小学校6年生になると土曜も日曜もなく勉強漬けになることもあります。
自分の仲良しの子と一緒の中学にいけなくなるのです。
それでも受験をするという覚悟がないと、過酷な中学入試を成功させることはできません。
さらに親が子供のために全力でサポートできる環境にするということです。
小学生が自己管理をしたり勉強のスケジュールを管理することなど無理です。
志望校の過去問をしっかりやらせること、不得意分野の強化をすることなど、志望校に合格するうえで必要なことはたくさんあるのです。
それをしっかりとサポートできる環境を整えてあげることは、親の務めと言えるのです。


このページの先頭へ戻る