中学入試における女子の服装

中学入試の際、面接での服装に悩むという声は多いです。
説明会などで「面接での服装は合否に関係ありません」という話をされる学校もあるので面接のメインはやはり話の内容にあると思いますが、中学入試に臨む服装として様々な意見があります。
正装で行ったほうが良いという意見がとても多く、黒か紺かグレーの色でスーツやベスト、カーディガンなど落ち着いた印象のコーディネートが受験会場に多いそうです。
入学したい学校の制服に近い服装や卒業式にも着られるようにイメージしている保護者の方が多いです。
見た時に与える印象も大切ですが、機能性に気をつけたほうが良いという意見も多く「寒い外と温かい受験会場の温度差に困らないように着脱できる服装が良い」「首元が締め付けられていないか事前に着ておいたほうが良い」など体調に影響しないよう配慮することも大切です。
女子の場合はそれに加えて、髪の毛が長ければ顔がしっかり見えるように束ねておく、爪を伸ばしすぎないなどに配慮が必要な場合も多いです。
また、面接はなく試験のみという学校もあります。
面接がある場合と同様に服装に気を使うというという方と「試験を受けるだけなので普段着で行かせる」「学校説明会で着替える更衣室もないので平服で結構ですと言われた」「レースやワッペンなど派手なものが無ければ良いのではないか」などあまり気にしないという方の両方の意見がありましたが、気を使わなかったという方にも「合否に関係がなかったと思う」「子どもが合格した」という結果も多いです。


このページの先頭へ戻る