中学入試と算数の勉強法とは

中学入試の算数において、一番大切なものは計算能力です。
これは、高校受験、大学受験においても当たり前に必要になってくるものです。
裏を返せば、小学生の時にしっかりとした計算能力を身につけなければ、たとえ中学入試で上手くいったとしても後々苦労します。
では、算数の勉強方法はどのようなものであればよいのか?中学入試の算数の範囲には、一般的な四則混合の計算、角度や面積などを求める問題、植木算、つるかめ算、速さを求める問題など多岐に及びます。
これらの問題の全てを効率良く時間内に解くためには、計算能力が不可欠です。
まず、基本的に反射的に計算出来ることが最初の一歩です。
掛け算などの九九の計算を初め、二桁の足し算や引き算、掛け算など素早く計算出来ることが必要です。
そして頭の中でなるべく計算する習慣を付けるとなお良いです。
どんどん自分に時間的な負荷をかけてひたすら計算します。
たくさん計算問題を解いて下さい。
しっかりと計算出来るようになるまで相当な時間を要すると思います。
しかし、この方法が長いようで一番の近道です。計算問題をしっかりこなせるようになれば、次の段階です。
様々な単元の問題に対してアプローチしていきます。
中学入試の算数の問題は一つ一つの単元それぞれに決まったパターンで解ける問題も多いので、計算問題が出来るのであればすぐに取りかかることが出来ます。
思考力をかなり必要とする問題も中にはありますが、ミスのない計算能力があれば合格点に達することが可能です。


このページの先頭へ戻る